転んでケガが心配 転んでケガが心配
な方はこちら

もっと詳しくみる
床・壁の傷が気になる 床・壁の傷が気に
なる方はこちら

もっと詳しくみる
臭いや汚れが気になる 臭いや汚れが気に
なる方はこちら

もっと詳しくみる
鳴き声対策・エクステリア 鳴き声対策・エクス
テリアはこちら

もっと詳しくみる

お客さまのペットリフォームを大公開!

川島様

札幌市西区西野 川島様

ショールームでのイベントにお越しいただいたのがご縁でした。最初からお家の図面を持参されて真剣にご相談いただきました。実は大小合わせて5匹の犬を飼っておられるのですが、もう家中がキズだらけで・・・
もっと詳しくみる

ブレイン工房プロモビデオ

室内で犬を飼うと骨折するんですか?!

最近、お客さまから似たような質問をされるケースが増えています。
先日も朝一番にかかってきた電話から聞こえたのは、まさにこのような質問でした。


まずはお相手の状況を把握しようと事情を伺ってみると、その声の主は昨年浴室のリフォームをさせていただいた札幌市西区のYさんでした。

「犬」というのは、どうやら昨年から飼い始めたミニチュアダックスのことで、その犬の骨折を心配なさっているようです。

なんでも、最近散歩を通じて親しくなったご近所の方から、フローリングは室内犬にとって転びやすく、健康管理上はなはだよろしくないというような話を聞いのだとか。


「福田さん、うちの犬が転ばない床にするにはどうすればいいのでしょうか?」

詳しいお話を伺ったところ、Yさんの愛犬はYさんが帰宅するとそれはもう嬉しくて嬉しくて、お決まりのソファーからジャンプして一目散に玄関までお出迎え。

廊下や居間を猛スピードで行ったり来たりして、その喜びを表現するのだそうです。

ただ、問題はそこ。
方向転換するたびに滑って転んでしまうんだとか。


実は滑って転びやすく硬いフローリングは、ワンちゃんの健康面を考えると決してよい環境でないことは残念ながら事実なのです。

ジワジワと体を蝕む骨と関節の病気

この道40年のベテラン獣医さんは言います。

「昔はあんまり関節や骨の病気、ケガって無かったねー。たまに先天性の異常があるくらいで。
やっぱり今は家の中で飼うケースが圧倒的に多いから。ほとんどの家がフローリングだし、ほら、ソファーや階段からジャンプしたりするでしょ。」

ワンちゃんの、このような日常ごく当たり前な動作が原因で起こる病気は、主に『膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)』と『股関節脱臼(こかんせつだっきゅう)』の二つだそうです。

では、これらはいったいどのような病気なのでしょうか?

spacer

ya_6_07 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)
膝蓋骨脱臼は、主に小型犬に多く見られる関節の病気で、いわゆる「ひざのお皿」がずれる病気です。膝蓋骨脱臼になると、足を引きずったり、片足を上げて歩いたりしますから分かると思います。
ただし、症状によって1〜4までのランクに分けられ、1〜2の軽度の場合は痛みがなく、犬自身が自分で治すこともあるので気付かない場合もあります。ランク3になると日常的にお皿がずれるようになりますので、獣医さんに処置してもらわなければなりません。ランク4になると膝蓋骨が動かなくなり、常に地面から足を離して歩くようになります。

ya_6_07 股関節脱臼(こかんせつだっきゅう)
股関節脱臼は、これまで大型犬種に多く見られる遺伝的な病気として知られていましたが、現在は高い所から落ちるなど骨や関節に強い衝撃を受けることで脱臼することが多くなっています。さらに、体重が重い、ジャンプや高い所への上り下りをよくする、フローリングで滑って転ぶなど、日常生活において足に負担がかかることが毎日続くと徐々に脱臼しやすい骨格構造になってしまいます。
この病気は、骨盤と大腿骨をつないでいる股関節の靭帯が切れて、大腿骨が股関節からずれて起こります。症状としては、腰を左右に動かして歩くようになりますのでひと目で分かります。その姿はまるで「マリリン・モンロー」の歩き方に似ていることから、いわゆる“モンローウォーク”と呼ばれています。
股関節脱臼になると突然足を浮かせて歩いたりすることがありますが、脱臼しても飼い主が気付かないまま時間が経ってしまうと、痛みに耐えながらも体重をかけて歩こうとするため余計に悪化させてしまいかねません。

今日も転んではいませんか?

さて、あなたの大切なワンちゃんがこのような病気にかからないためには、一体どうすれば良いのでしょうか?

一番の方法は、まずはソファーなど高い場所からジャンプさせないことです。あるいは、階段を上らせない、フローリングなどの床を滑らなくすることも重要です。

前出のYさんは、床材の変更をすることでまずはワンちゃんが転ばぬように改善されました。ただ、その対処法にしても、各ご家庭のライフスタイルやワンちゃんの種類、また個性によって最適な方法というのは異なります。

もしあなたの大切なワンちゃんが、次のいずれかに当てはまるのであれば、このような病気になる前に一度ペットリフォームの専門家に相談してみてはいかがでしょうか?

spacer

チェック 1歳未満の仔犬を飼っている
チェック フローリングの室内で犬を飼っている
チェック 犬がフローリングで滑っているようだ
チェック うちの犬は元気よく廊下を走っている
チェック 犬がソファーや階段から飛び降りることがある
チェック 膝が弱いトイプードルやチワワを飼っている
チェック 股関節が弱いラブラドールやフレンチを飼っている
チェック 胴が長いダックスやコーギーを飼っている
チェック うちのワンコにはずっと元気で長生きして欲しい

spacer

只今、当店では『ペットリフォーム無料電話相談』を実施中です。
私、福田があなたと大切なワンちゃんに合ったリフォームを誠心誠意ご提案させていただきます。

spacer お問い合わせはこちら
spacer 上へ戻る spacer
km001_01 spacer km001_02 spacer お約束6ヶ条 spacer 住まいのレシピ spacer
5-12p
5-16p
5-18p
spacer

私、福田が承ります!

福田です プロフィール

あなたの愛するワンちゃん、ネコちゃんが健康で元気に暮らせるような居心地の良い共有スペースをご提案します。

futaba 社長ブログもよろしくお願いします

お伺いできるエリア

札幌市:西区/手稲区/中央区/北区/東区/南区/白石区/豊平区/清田区/厚別区/北広島市/江別市/小樽市/
石狩市
※ 掲載以外のエリアもご相談ください


会社所在地:
〒063-0062
札幌市西区西町南7丁目2番31号
コマツ第1ビル1F
電話:011-624-7486
FAX:011-624-7487

姉妹店もよろしくお願いします

ハートリフォームはこだて

北海道
恋人探し